胡蝶蘭の基礎知識

胡蝶蘭でお祝いに適している種類はどれ?大きさや色など

胡蝶蘭 お祝い 種類

「胡蝶蘭って1種類じゃないの?」
「お祝いに贈るならどれがおすすめ?」

あまり手にすることのない胡蝶蘭だからこそ、お祝いに贈るのに適したものを選びたいですよね。

この記事ではお祝いに適した胡蝶蘭の種類・大きさ・色などをご紹介していますので、これから胡蝶蘭を選ぼうとお考えのあなたに参考にしていただければ幸いです。

胡蝶蘭の大きさの種類

胡蝶蘭の大きさには大きく分けて3つの種類があります。

どれも開花した花の大きさによって決まります。

大輪

一輪が13cm~15cm以上あるもの。

お祝向けとして一般的に良く知られている大きさはこちら。

存在感が違います。

用途:企業間での開店祝いや移転祝、慶弔どちらにも向けて贈られています。

中輪

一輪が6cm~12cm程度。

大輪ほど存在感はありませんが、色の取り扱いが多く置き場所の狭い場所にもおすすめ。

中大輪と呼ばれていることもあります。

用途:格式の高いシーンには似合いませんが、企業や店舗でも場所が取れない規模であれば利用されることも。

また、プライベートでは記念日やお祝いに利用されています。

ミディ

一輪が3cm~6cm。

場所を取らないことから寄せ植えにも利用されるサイズ。

花のサイズが小さいことからミニと呼ばれることもあります。

用途:ちょっとしたプレゼントや寄せ植えギフトとして利用されます。

胡蝶蘭の色の種類

胡蝶蘭にはスタンダードな白をはじめとする4種類の色に分けられます。

差し障りのない色のため、シーンを選ばずに贈ることが出来る色としても人気があります。

また白い胡蝶蘭は「清純」という花言葉を持つため、近年では洋髪の花嫁さんのヘアアレンジにも使われています。

記載される名前:白、ホワイトなど

ピンク

女性に贈る場合に利用されることが多く、母の日に贈られることもありますよ。

ピンクの胡蝶蘭が持つ花言葉は「あなたを愛しています」。

記載される名前:ピンク、赤、紫など

白赤

白い花びらの中心に唇のように赤色が入ります。

紅白の色合いからおめでたいシーンだけでなく、選挙などで当選したときにも贈られる色です。

白赤の胡蝶蘭には固有の花言葉がありません。

記載される名前:白赤、紅白、赤リップ、ピンクリップなど

その他

黄色の胡蝶蘭が商売繁盛を意味しているため取り扱われている花屋さんもあります。

他にも色彩が豊かな胡蝶蘭を取り扱うことも。

また、染色することで自然界にはない青色の胡蝶蘭を販売する花屋さんもありますよ。

中には花びらにラメでデザインが施された胡蝶蘭の取り扱いもあります。

記載される名前:青、紫、オレンジなど

胡蝶蘭の色別の花言葉に関してはこちらの記事で詳しくまとめていますので、是非ご覧ください。

胡蝶蘭 花言葉
胡蝶蘭の花言葉は怖い?白・紫・青など色別の意味と由来胡蝶蘭はお祝い事などに贈る花として有名ですが、その花言葉はどのようなものなのでしょうか? 色によってマイナスイメージの花言葉があっ...

胡蝶蘭の品種

胡蝶蘭の品種は、主に品種改良によってより美しく咲くものへと改良されています。

こちらでは、色ごとに違う品種について見ていきましょう。

ホワイト系

アマビリスやアフロディアといった原種を交配させています。

  • 品種(黄色リップ):アマビリス、ソゴウユキディアン、ダイヤモンドスター、V3など
  • 品種(赤リップ):セミアルバ、ゴールデンエイジ、フォーチュンザルツマンなど

ピンク系

原種であるシレリアーナなどにドリティスプルケリマなどを交配させてあります。

品種:ジェルフラワー、サクラヒメ、ヴィーナスピンク、キャンディーソレーラ、ユメザクラなど

その他の色

基本的にはアマビリスなどの原種と交配させてあり、育成過程で染色しているものもありますが、中には千葉大学大学院園芸学研究科植物細胞工学研究グループと石原産業株式会社などが共同開発した青い胡蝶蘭のように、青色遺伝子を組み込んで花の色素を調整したものもあります。

品種:タイダサル―(赤)、満天紅(紫)、グリーンアース(黄)、サーフソング(オレンジ)、グリーンエレガンス(緑)、ブルーエレガンス(青)など

一般的に流通している青色胡蝶蘭は、遺伝子組み換えではなくアマビリスが青色に染色されていることがほとんどです。

模様入り

主にミディや中輪胡蝶蘭で見られるものです。

  • 筋花(ストライプ)の品種:フレアー、パーヴェルチアなど
  • 点花(まだら模様)の品種:ポルカドット、ジャモカコーヒーなど
  • グラデーションの品種:ピンクエンジェル、フェアリーマジックなど

お祝いに適している胡蝶蘭の種類は?

「お祝い」と一言で言っても、シーンによって贈る種類や色が変わってくるのが胡蝶蘭の特徴。

シーン別にお祝いに適している胡蝶蘭をチェックしておきましょう。

ビジネス

シーンを選ばずに贈ることが出来る「白色大輪胡蝶蘭」がおすすめ。

特に、お祝い事が盛大なものであれば花枝の立ち数に注目して選んでみると良いでしょう。

また、ビジネスであっても女性に贈る場合ならピンクを選ぶ人もいれば、当選祝いなどのお祝いシーンなら赤リップが好まれることもあります。

胡蝶蘭を贈る際のマナーについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

胡蝶蘭 お祝い マナー
胡蝶蘭をお祝い事で贈る際のマナーまとめ【立札・相場・タイミングなど】改まった席やお祝い事に贈る胡蝶蘭。 「胡蝶蘭を贈りたいけれど、どのようなマナーがあるのかしら?」 「失礼にならないようにしたいわ...

プライベート

ちょっとしたプレゼントや軽いお祝いであればミディアムを選んでも良いでしょう。

しかし、特別な記念日であれば大輪とまではいかずとも中輪を選ぶのもおすすめです。

また、どのようなシーンにおすすめの胡蝶蘭が知りたい場合や、このシーンに合う胡蝶蘭が欲しいという場合には、こちらのランキングを参考に、各通販ショップでチェックすることもおすすめです。

胡蝶蘭のおすすめ通販サイトランキングをチェックする